> > > 投信の為にキャッシングってできるの

投信の為にキャッシングってできるの

投信の為にキャッシングってできるの

銀行預金は金利も低くて、魅力を感じません。リスクがあっても、投信なら儲かるっていう話に非常に興味があります。手持ちの現金はあまりないので、キャッシングして、一度多めに投信したいと思っているのですが、投信の為にキャッシングってできるのですか。

使途自由のキャッシングなら、投信の為につかえますよ

銀行系でも、消費者金融でも、使い道自由であれば投信の為に使う事はできますよ。ですが、キャッシングしたお金を投信に使っていても問題にはならないですが、キャッシング審査申込み時には、借入理由を投信の為と言わない方が良いと思います。投信とは、どの様に変動するか分からない商品に、投資するわけで、ギャンブル的な要素を含んでいます。これが理由の全面に出ていては、審査する側も、敬遠して審査否決になりかねません。
(⇒融資への申し込みは細心の注意を払おう

投信を申込みする際には、調達資金が余裕資金でないと、申込みできないようになっています。ですが、誓約書にサインするだけのことなので、借入金であっても、余裕資金だと言えば投信の申込みは、実際は可能なのです。

投信で一財を稼ぐ人もいますから、魅力ある商品だと思いますよね。ですが、購入時、換金時、保有時と様々なタイミングで、手数料、税金の費用がかかります。そのことと、キャッシングした利息の支払を考えてた場合、初期はかなりのマイナスになると思います。そういう事も、考えた上で、キャッシングするのなら良いと思います。安定した仕事を続けていて、無理のない返済計画をきちんと立ててキャッシングする分には、夢のある借り方だと思います。

投信とキャッシングでポイントをためてお得に生活

クレジットカードを持っている理由がポイントをためるためだという人は多いのではないでしょうか。どこで買っても同じようなものであれば、やはりポイントのたまるほうがよいでしょう。現金で払ってもカード払いにしても支払う金額が同じなのであれば、やはりポイントがたまったほうがよいでしょう。

そう考えるのは誰しも同じことで、日々の生活の中でせっせとポイントをためている人も多くいます。お金を払えばポイントがたまるというのなら、お金を払うときにすべてカード払いにするのは自然なことでしょう。商品を買うときにはポイントをためることができますが、それいがにも金融サービスでもポイントのたまるものもたくさんあります

その一つが投信です。最近では小売業が金融業と提携したり、あるいは金融機関をグループ会社に収めたりすることは珍しくなくなってきています。ネットモールが証券会社を子会社に収めていることも珍しいことではないのです。ネットモールの多くはポイントのたまるサービスを提供していますし、クレジットカードを使えばさらにポイントがたまるといったサービスも提供しています。(参考ページはこちら→ポイントの貯まる主なカードの代表格

商品を購入するだけではなくて、金融サービスを利用することでポイントがたまるサービスもいくつかあります。その一つが投信です。将来に向けてせっせと資産を構築している人なら、購入している人も多いでしょう。長期的に保有している人も多くいます。購入するときには売買手数料を支払わなければなりませんし、保有している期間に応じて信託報酬を支払わなければなりません。それに応じてポイントがたまるサービスもあります。

金融サービスとしてはキャッシングもあります。キャッシングを利用して利息を支払えば、そのいくらかがポイントとなってキャッシュバックされる仕組みを持っている金融機関もあります。クレジットカードなどのポイントをためるのが好きなひとなら、このようなサービスを利用するのもよいでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY