> > > 自己破産後でもキャッシングするために必要なことは?

自己破産後でもキャッシングするために必要なことは?

自己破産後でもキャッシングするために必要なことは?

私の人生では安定した人たちばかりと話をしてきたのですごく珍しいんですが、安定していない自己破産をしたことがあるという人と出会ったことがあります。事業に失敗して自己破産をしたということで、今は小さな会社で営業として頑張って働いている人です。

私は個人的に自己破産をしたことがないんですけれども、自己破産をすればそれだけ不利益があるというのは知っています。例えば借り入れをするのが難しくなるというのも知っています。仮に自己破産後でもキャッシングしたいというのであれば、どういうことが必要なのでしょうか。なにかをやれば自己破産後にキャッシング可能になるのですか?

自己破産後にキャッシングをすることは数年後には可能

自己破産後にキャッシングというのはなかなか勇気のいることですけれども、質問者の方が出会った事業で失敗した人などはよくあることで、また事業を起こそうと思って挑戦するときに、借り入れをすることはよくあります。しかしもちろんすぐに自己破産をした人に貸し出しをしてくれるところは銀行でも消費者金融でも、それこそ友人であったとしても貸してはもらえないでしょう。

この状態をブラックというのですが、ブラックの状態を抜け出すのに最低でも7年、長いときは10年以上かかると言われています。この間、以下に我慢して普通に暮らしていくか、ブラックでも借りられるような怪しい街金やサラ金、さらにはヤミ金などから借入をせずに生活していけるかによって、ブラック状態を早く抜け出すことができると言われています。そして借入を再開できるようになるのです。

自己破産後でもキャッシングをしたいのであれば、最低限この時間だけは経過するのをひたすら待つ以外に方法はありません。借入をしたいのであれば、中小の業者でブラックでも化してくれるようなところもありますが、そこは金利も高くヤミ金などとつながっている可能性もありますから利用しないに越したことはないでしょう。ちゃんとした大手の有名業者は待つしか利用できないのです。(参考ページはこちら→審査ではブラックだと確実にチェックされます

ある事業に失敗した人はこの間にも少しずつですが、働いてお金を返していったそうです。自己破産後にお金を返す必要というのはなくなるのですが、それでも悪いからといって色々とお金を貸してくれた人にお金を返していったといいます。そうして自己破産後でもキャッシングできるブラックを抜けだした時、多くの人が手助けをしてくれたそうです。投資してくれた人もいたそうです。
(⇒会社によって借りられるかどうかも決まる?

自己破産後でもキャッシングしたいなら、我慢することも大事ですが迷惑をかけた人たちに対して謝るということも後々借りやすくするためには必要なことなのかもしれません。

自己破産後でもキャッシングを利用できるのか

自己破産後でもキャッシングを利用できるのかという疑問について、利用は難しくなりますが、できないわけではありません。自己破産すると個人信用情報機関に破産したことが記録され、7年から10年間は残ります。これにより破産したときに借り入れがなかった金融機関も貸し付けする際に破産していると知ることができるため、信用がなくなったとして契約が解除されます。

新規にキャッシングの契約をするときもこれが参照されるため審査に通りにくいですが、保持期限が過ぎて情報が削除されれば破産したことを知られることはなくなり、キャッシングを利用できるようになります。しかし、破産したときに借り入れがあった金融機関などでは破産したことを把握しているので利用は難しいです。

女性が結婚したり、養子に入るなどして姓が変わった場合、個人信用情報機関の情報を追跡できなくなり、自己破産後でもキャッシングできるという話もありますが、これは難しいです。名字を変えて借り入れを繰り返すという事件があったことからチェックが厳しくなり、現在では提出書類に旧姓なども書き込むようになっています。これを空欄にすると過去の記録が何もない状態になります。若ければこのようなこともありますが、ある程度の年齢では不自然になるため詳細に調査されてばれます。(参考ページはこちら→審査では年齢もチェック対象?

また、ごく稀に姓の変更などがなく、まだ記録が残っている状態でも審査に通ることがあります。年収や職業、その他の属性情報から貸しても安全であると判断されれば利用が認められます。しかし、破産情報が残っている状態で審査に通す基準は非公開であり、期待しない方が良いです。

どうしても記録が消えるのが待てない場合、中小の消費者金融を利用します。宣伝をほとんど行っていないためインターネットなどで対応しているところを探します。ここでは何らかの金融事故が継続していなければ審査をしてもらえます。自己破産では免責が確定すれば金融事故は解消され、過去の情報になっているため審査を受けられます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY