> > > 保証人なしでも銀行キャッシングは利用出来ますか?

保証人なしでも銀行キャッシングは利用出来ますか?

保証人なしでも銀行キャッシングは利用出来ますか?

昔から借金と言えば、保証人がつきものですよね?保証人を用意する事でお金を用意してもらえて、そして借りた本人が返済できない事でその保証人に支払わせる事になり、それが原因で人間関係を大きく突き崩す事がある…それは、ある程度年齢を重ねれば話に聞く事くらいはありますよね。私も聞いただけでさすがにそんな事は無かったのですが、もしかしたら他人事とは言えないかもしれません。

実は銀行キャッシングを受ける事で現金を借りたいのですが、この銀行キャッシングにも保証人を立てる必要性というのはあるのでしょうか?保証人は確かに頼めば応じてくれそうな人も何人かは居るのですが、例え払えるとしても正直保証人になって欲しいと頼めば、嫌がられたり内心良い気分にはなれませんよね?で、相手も「付き合いがあるから…」みたいな感じでなってしまうのなら、やっぱり申し訳無い気持ちになると言うか、こっちとしても心苦しいですし…。

銀行のカードキャッシングは誰でも簡単に作れる!みたいな感じで宣伝されている事も多いですが、みんな保証人を用意した上での利用なのですか?
(⇒借入審査って簡単なの?

カードキャッシングならほとんどが保証人無しですよ

借金、それも銀行みたいなちゃんとしたところであるほど、保証人が必要になりそうな予感はありますよね。それで支払えないからと本人が逃げて保証人に迷惑がかかって…というのは、本当にドラマとかでも見る話です。質問者さんは多分そんな事はされないだろうと思うのですが、こういう事情が当たり前のようにあるからこそ、保証人というのはみんな凄く嫌がるわけなのです。

銀行からお金を借りると言っても様々な方法があり、特に住宅ローンみたいな高額の融資になりますと、保証人が必須になる事はしばしばあります。やっぱり貸し付けて回収出来なかった場合の損害が大きいほどこの保証人というのは大事になってくるのですが、逆に言えば『小さな融資ならそこまでして保証人を立てるほどでもない』となりますよね?

銀行カードキャッシングというのも限度額によっては大金ともなりますが、基本的に小口融資という扱いですので、保証人は必要とされる事はありません。保証人どころか担保も必要無くお金を借りられるという事で、その機動性というのを大きく増しているわけですね。ゆえに、今回ご利用されようか考えている銀行キャッシングでも、保証人に関しては不要とされている可能性が高いと思います。例外も無いわけでは無いですが、原則不要と記載されていれば、不要だと思って構いません。

保証人無しで借りられるという事で気楽になるかもしれませんが、保証人無しで無担保という事で、保証人が必須になる場合の融資に比べて、キャッシングというのは金利が高めになっています。他の銀行融資の方法と見比べてみると分かるかもしれませんが、これもリスク回避の為なのですね。
(⇒銀行同士であっても融資条件は異なる?

キャッシングは保証人なしで申し込むことが可能

カーローンや住宅ローンなど、金融機関からお金を借りる場合、通常であれば担保や保証人を用意しなければなりませんが、キャッシングでは無担保、保証人なしで申し込むことができます

通常のローンでは、無担保、保証人なしで融資を行うと返済不能になった時に金融機関は貸し倒れになってしまいます。しかし、キャッシングの場合、金融機関は申し込みがあると、申込者の職業や勤続年数、年収、家族構成、信用情報機関に過去のキャッシングやローンの利用暦、居住形態、他社の借入件数などを照会します。審査で厳密に申込者の身元や情報を判断するために、無担保、無保証人で貸し付けを行うことができますが、特に重視するのは個人信用情報と他社の借入件数、収入の有無です。

申込者に貸し付けても問題ないと判断すれば、返済できると思われる金額の範囲の金額のお金を無担保、保証人なしで貸してくれるという仕組みです。

担保が必要なローンや連帯保証人を立てた場合の融資契約に比べて、無担保、無保証人で利用できるキャッシングの場合、申込者がお金を返す意思がなければお金を回収できないリスクは高くなります。そのため、金融機関側は回収できない融資ができてしまっても会社全体では利益を上げられるように、高めに金利を設定して融資を行っているのです。

金融機関は、保証人を不要にする代わりに、利用者が支払った利息の中から決められた保証料を保証会社へ支払って保証人代わりとなってくれます。利用者が返済を延滞、滞納した場合は、保証会社が代わりに銀行へ借金を返済する代位弁済を行い、損を無くしてくれます。そのため、保証人が不要であっても、実は利用者がお金を払って連帯保証人を付けているということになり、 保証会社が肩代わりした借金は、今度は利用者が保証会社に返済しなければならなくなります。

保証会社に支払わなければならなくなると金融機関が設定した金利ではなく、特例として認められた金利になるので返済金額が増えてしまいます。

担保や保証人が不要であるからと、安易に考えるのではなく、計画的に利用することが大切なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY