> > > キャッシングって借りやすいし手軽でいいと思いませんか?

キャッシングって借りやすいし手軽でいいと思いませんか?

キャッシングって借りやすいし手軽でいいと思いませんか?

日頃お金が意外にも出ていく時期は何処にでもあり得ること。私は40代後半の掃除パート主婦ですが、実際問題子供たちに多額の学費がかかっています。私立大学に私立高校。何万の世界じゃなく、0の桁数が増えていくばっかり。何百万、何千万。いくら私と主人が頑張って仕事をしてもどうしても子供たちの多額な学費で出て行ってしまう。あ~あ!

そんな時に登場するのがキャッシングサービス。借りやすいし、手軽でいいと思うのよ、私は。中には否定派の人もいるけどね。

キャッシングは足りない時にだけ借りればいいんだから。手軽でいいと思いません?

キャッシングは足りない時に借りやすいサービスです

今じゃあたり前となったキャッシングサービス。クレジット会社だけでなく、銀行系、消費者金融など色々あります。今回はキャッシングについて知名度の高い大手の消費者金融についてお話しましょう。クレジットカードでも今では殆どキャッシング機能は付いてます。そして限度額範囲内ならいつでも希望額の引き出しがATMから出来ます。

では大手の消費者金融のキャッシングの場合はどうでしょうか?探すポイントとしてはどうでしょうか?簡単にここでポイントを紹介します。
①金利の低さ
②即日融資OKかどうか?
③個人情報を常に守ってくれる
④ネット環境のあるスマホやパソコンからの申し込みが出来るかどうか?
この辺りではないでしょうか?クレジットでも確かに便利なんですけど、大手の消費者金融なら自宅に居ながらパソコンでネットからの申し込みが24時間いつでも出来ると言うメリットがあります。勿論スマホもそうです。スマホであれば、外出先からでも出来ますね。

それから何と言っても審査の早さ!必要事項を記入し、先方に送信すれば30分以内に審査結果が出て、即日融資可能となります。これも最大なメリットです。それでは気軽に借りやすいキャッシングの大手消費者金融をここで挙げていきます。(参考ページはこちら→借りやすい金融業者は審査も簡単?

第1位 P→即日融資可能、インターネットからの申込み可能、来店不要
     年率:4.5%~17.8% サービス特典:30日無利息 限度額:500万まで

第2位 A→即日融資可能 審査時間:30分 限度額:500万まで
     年率:4.7%~18.0% インターネットからの申込み可能

第3位 R→インターネットでの申し込み(14時までなら)即日融資可能
     年率:4.5%~18.0% サービス特典:5万円まで30日無利息 限度額:500万まで

以上第3位までの大手消費者金融を紹介しました。私はやはり第1位のPを推奨いたします。何と言っても30日無利息のサービス特典がついてるからです。今ではなかなか30日無利息キャンペーンにはお目にはかかれないですよ。

昔は(私たちの20代前半の頃)キャッシングというと借り入れ提供は正社員のみに限られてました。でも今ではすっかり時代の流れと変化によって正社員だけでなく、非正規(バイト、パート、派遣)でもある程度の収入があればキャッシングの申し込みや審査に通れば利用が可能になりました。私はこの時代の変化に驚きを隠せません。

私にとっての「キャッシングって手軽で借りやすい」というイメージはやはりおのおのキャッシングサービスを提供している金融業者の全力投球で感じられるサービス内容の良さで選びます。第1位のPは誰もが知ってる大手消費者金融です。何処の町でも店を見かけます。足りないな~って感じましたら、一度Pでのご利用を推薦いたします。

但し、使う際に借り過ぎないように気をつければキャッシングはいつまでも便利ですよ!

キャッシングで借りやすいのはどこの金融会社?

生活をしていると、お金が足りなくなることも有るでしょう。それぞれの事情もあるので、大きなお金である時もあれば、ちょっとした生活費が不足するといった時もあったりするのです。そういったときには自分の力で解決できればいいのですが、それが出来ない時には他からの借り入れを考えることになります。

知り合いなどに借りることに抵抗があったりする人では、外部の金融会社に借りることを検討するといいでしょう。扱う会社は様々で、銀行系やクレジット系、消費者金融系などがあります。銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく、時間もかかりますが、経営がしっかりしていて、金利も安めの設定なので、安心感はあります。

それに対して、消費者金融というのは審査が緩く、即日融資も可能であることもあるので、すぐにお金が欲しい時にはとても便利です。派遣やアルバイト、パートなどの安定していない収入の状況でのたいてい通りますし、無職での条件によってキャッシングができることもあります。そのくらい、借りやすい会社なのです。また、今では金利の設定の法的に規制が入っているので、法定外の膨大な金利手数料を取られるということはないので、以前よりもかなりイメージがよくなりました。
(⇒銀行と消費者金融を比較検討してみよう

キャッシングをしたい時には、申し込みをしていきます。氏名や年齢、住所、職業、年収、家族構成、ほかからの借り入れ、住宅形態などといった個人情報を伝えていくことになります。それをもとに在職確認や収入の確認などをしていき、審査を進めていきます。

一度審査に通れば、次回からはコンビニや商業施設などで簡単にキャッシングをしていくことができるようになるので、とても便利なのです。
このように、金融会社の中では消費者金融系が借りやすいといえますが、あまりにも簡単にお金が手に入るのでつい借り過ぎてしまう人もいます。これも借金の一つと意識して、計画的にお金を使うように心がけたいものです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY