> > > キャッシングしていると住宅ローンが通らない?

キャッシングしていると住宅ローンが通らない?

キャッシングしていると住宅ローンが通らない?

住宅ローンの申請をしようとしているんだけど、消費者金融やクレジットのカードを結構持っているんだよね。住宅ローンのことを詳しく知ろうとネットでいろいろ探していると、キャッシングのカードを複数持っていると審査が通りにくいなんて話を聞いたんだよ。住宅ローンの審査って、属性とか年齢とか年収とかが基本でしょ?どうやってキャッシングのカードを持っているかなんて、そこまで分かるの?

住宅ローンを考えてるならカード利用は控えめがいいわね

住宅ローンの申請をしようとしているんだけど、消費者金融やクレジットのカードを結構持っているんだよね。住宅ローンのことを詳しく知ろうとネットでいろいろ探していると、キャッシングのカードを複数持っていると審査が通りにくいなんて話を聞いたんだよ。住宅ローンの審査って、属性とか年齢とか年収とかが基本でしょ?どうやってキャッシングのカードを持っているかなんて、そこまで分かるの?

住宅ローンを考えてるならカード利用は控えめがいいわね

住宅ローンを考え始めたとき、これは予備知識として持っていたほうがいいかもね。クレジットや消費者金融のカードを極力持たないようにすることをオススメするわ。審査の詳しい内容ってどの金融機関も公表することはないんだけど、カードを複数持っているのってあまりイメージは良くないかもしれません。ショッピングのためのクレジットカードだって支払いを先延ばしにした借金だと考えられるため、カードばかり持っていると支払い能力が疑われてしまいます。消費者金融のカードももちろんです。支払いを後に延ばすというのは、住宅ローンにとってデメリット要素だったりします。

キャッシングのカードを複数持っていると住宅ローンが借入れできないわけじゃないですが、消費者金融カードを持っている場合なら総量規制分を、クレジットカードを持っているのであれば、ショッピング枠分を、住宅ローンの借入れ総額から引かれる可能性だって考えられます。先ほども言ったように、審査の中身は明らかにされないので、はっきりしたことは言えません。でも多額の現金を融資する場合には、いろいろと決まりごともあるので情報を集めておくといいでしょう。

どうして、住宅ローンのときに他のキャッシングカードを利用していることがバレてしまうのか?ということなんですが、これは「信用情報」と言われる資金融資に関して個人がどのように利用しているのか管理している情報機関があります。主に2社に情報が集約されます。クレジットカードを契約するさい、契約事項が事細かに書かれた文字を参考にするのもいいですね。

よくクレジットカードを作ったときに、ポイントや利便性だけに気持ちがいってしまい、なかなか契約文書をしっかり読んでみようなんて考えないかもしれませんが、あの書面には、カード利用の際に借金の実績や延滞の情報を「信用情報」機関にカード会社から提供することも、契約内容として含まれているんです。

現金自体を借入れた場合、返済、完済日、延滞などカードでの現金の出し入れ内容情報のみが「信用情報」には記載されているです。もし、自分のカード利用情報を知りたい場合は、問い合わせをして取り寄せることもできるので、住宅ローンを考えている場合には情報の取り寄せも考えてみてはいかがでしょうか。

このようなことを聞いて、プライバシーの問題に抵触するのでは、なんて思ってしまう人もいるもしれませんが、個人のカード利用情報のみだけですので心配なさらずに。そして、審査内容を公開しない金融機関ですが、「信用情報」は重要視をしていることも忘れずに。そういうわけで、金融機関が「信用情報」の情報を問い合わせるわけなので、複数カードを所持していれば住宅ローンを借入れる際に分かってしまうということなんですね。

住宅ローンで申請した書類には、年齢や属性、購入する住宅の価格などがあるようですが、審査で大切なことは返済ができるかどうかでしょう。だから、10年~35年の間で完済できるだけの、収入やこれまでのカードの延滞情報などから返済能力を見抜くんだと思います。

厳しい審査の業者では審査が通らない人向けのキャッシングローン

毎月の収入だけでは必要なものを買うためのお金が足りないときには、消費者金融のキャッシングローンを使って借り入れをすると手軽に資金を手に入れることができます。

消費者金融のキャッシングローンであれば、ネット上からも融資の依頼を簡単にすることができますし、大手の消費者金融業者を選んで利用すれば、借り入れや返済に使えるATMも全国のあちこちにありますし、コンビニで買い物をしたついでにキャッシングローンを利用することもできて便利です。
(⇒どうせ借りるなら良いところのみを選ぶべし

キャッシングローンを使いたいと検討したときに、消費者金融業者に申し込みをすることになるわけですが、勤務先情報や年収など個人の情報を金融業者に伝えることで、それらの情報を元に金融業者による審査を受けることになります。

キャッシングローンを利用してお金の融資を受けるためには、金融業者が独自に行っている審査を通過する必要があります。それぞれの金融業者ごとによって審査で確認される項目が異なっていますので、厳しい審査が行われる金融業者に申し込みをした場合には、審査に通らないことも考えられます。審査に通らないかもしれないと不安な人には、審査が通りやすい消費者金融会社がおすすめとなります。(参考ページはこちら→どんな場合に審査に通らないかを考える

若者から高齢者まで厳しい金融業者では審査に通らない人でも安心して申し込みができる、おすすめの消費者金融業者はレイクになります。レイクであれば、年齢が20歳から70歳までの人が申し込み可能な条件となっていますし、職業形態が問われることなく審査が行われますので、アルバイトや自営業者、派遣社員、年金受給者などいろんな方が借り入れ可能なサービスが行われています。

レイクは新生銀行の子会社として営業が行われている消費者金融業者になりますので、高い信頼性を持って借り入れができるメリットがあります。また、銀行系の貸し付けサービスということで総量規制の適用対象外となり、年収3分の1を超える金額の融資を受けることが可能な点も魅力的となっているのでおすすめです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY