> > > 過去に自己破産してても銀行からキャッシング可能?

過去に自己破産してても銀行からキャッシング可能?

過去に自己破産してても銀行からキャッシング可能?

4年ほど前に自己破産しています。しかし、そのおかげで資金の巡りも正常化し、今では生活に余裕も出てきました。そこでより生活を潤すためにキャッシングの利用を考えています。そこで出てきたのが「自己破産してても銀行からキャッシング可能?」という疑問です。

もちろん、自己破産をしているとブラックになりお金を借りられなくなることは知っています。しかし4年が経過してくると生活も通常通りになり、以前のように無計画にお金を借りることさえなければお金を借りても問題ないと考えています。できれば金利の低い銀行からのキャッシングを考えているのですが、自己破産していても銀行からのキャッシングは可能でしょうか?

借りれるか借りれないか、その明確な答えはありません!

自己破産、ショックでしたでしょう。私も15年ほど前に自己破産をしています。私の情報と私が調べた経験からの情報と、お役に立てばと回答させていただきたいと思います。タイトルに記載したとおり、借りれるか借りれないかという明確な答えは出せません。しかしこれは私だけでなく誰でも明確な答えを出すことは難しいと思います。

まず、現在の状況を説明すると、既に4年が経過している状況でもあなたが自己破産した情報は残っています。様々な説はありますが、少なくとも7年間は残っていると思ったほうが良いでしょう。しかし、この自己破産の履歴が確認できるうちは借りられないかというとそういうことでもないのです。早い人は自己破産の3年後にクレジットカードを申し込んで審査に通ったという例もあります。

クレジットカードの審査と銀行のキャッシングの審査では大きな違いがあります。違いはありますが、概ねクレジットカードのほうが審査が緩いと考えることができるでしょう。そう考えると銀行のキャッシングは4年経過しても借りれないとも思えますが、この場合も必ず借りれないというわけではないのです。中には早い段階でキャッシングの審査に通った例もあります。

では、この違いはどこにあるのかと言うことになると、「わからない」というのが現実です。審査のタイミングもあるでしょう。その時のキャッシング会社の方針もあるかもしれません。とにかく、借りれるか借りれないかは申し込んでみないとわからないというのが現実なのです。ではどのように申し込みをしたら良いのかをお伝えしましょう。
(⇒申し込む会社によって結果は良く変わる?

まずは三か月、もしくは半年おきに申し込みをするようにします。できれば日付を確認して正確に間隔を決めたほうが良いでしょう。そして、前回とは違う銀行に申し込むようにします。できれば自己破産の時に借り入れていた系列の企業とは違うところに申し込むことが理想です。申し込んで審査に通らなかったとしても悲観することはありません。時間が経過すれば必ず借り入れはできるようになります。

これを繰り返していれば最終的にはいつかお金を借りることができるでしょう。それが3年後になるか、5年後になるかはわかりません。しかし、今すぐ借りることができなかったとしても、この方法であればほぼ確実に、そして最短で借りることができるのがこの方法なのです。できるだけ早く借りたいのであればこの方法を繰り返すしかありません。

自己破産をした場合は銀行からキャッシング可能?

債務整理後は銀行からキャッシング可能?なのでしょうか。残念ながら、これはかなり難しいと考えていいでしょう。債務整理をした直後は、信用情報にブラック情報が登録されるため、キャッシングやクレジットカードの申込は、しばらくの間できなくなります。任意整理の場合は5年、自己破産の場合は7年間が一応の目安となっています。(参考ページはこちら→自己破産が引き起こす問題点

ただし、これも金融機関によってばらつきがあります。一般に、消費者金融の場合は一番基準が緩く、次に信販系、そして銀行は一番厳しくなります。ですから、特に銀行の場合は、自己破産後は10年ほどキャッシングが出来ない、あるいは銀行系カードを作れないということもありますので、まず銀行系の信用情報機関に問い合わせて、自分の情報を閲覧してみるのがいいでしょう。もし事故情報がなければ、キャッシングは可能ということもあります。

しかし、やはり銀行系は審査が厳しいですから、そうすんなり審査に通るかどうかは微妙なところです。また自己破産を問わず、債務整理全般にいえることですが、整理の対象となった金融機関は、消費者金融であれ銀行であれ、再びキャッシングを申し込んで審査に通るということは、かなり難しくなります。特に自己破産は、一旦そこから借り入れたお金を帳消しにしてしまっているですから、同じ所からお金を借りるのはハードルが高いと考えておいた方がいいでしょう。

自己破産後どうしてもお金を借りたい場合は、できれば整理対象となっていない金融機関、特に消費者金融からの借入をお勧めします。消費者金融は銀行よりも金利はやや高めですが、それでも今では上限が20パーセントと定められていますので、極端に高いことはありません。どうしても銀行から融資を受けたい場合は、たとえば定職があって、そこそこの安定収入があり、しかもその銀行に預金がある、あるいは給与振込用にその口座を使っているなどの場合で、やはり整理対象外の銀行であれば、お金を借りることはある程度可能になります。
(⇒債権整理後でも期待できそうな金融業者とは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY