> > > キャッシングって何万までなら保証人いらないんでしょうか

キャッシングって何万までなら保証人いらないんでしょうか

キャッシングって何万までなら保証人いらないんでしょうか

キャッシングって何万までなら保証人いらないんでしょうか?ちょっとの金額ならまだしも数十万とか数百万ってなってくるとさすがに保証人必要ですよね?(参考ページはこちら→キャッシングは常に保証人が必要なの?

いくらからが保証人ありなのか教えてください。保証人を準備するのが難しそうなので保証人なしでキャッシングしたいんです。

カードローンは担保・保証人不要のキャッシングです

お金を借りるときには担保と保証人が必要、またはどちらか一方が必要だと思っている人は少なくないかもしれません。確かに、お金を借りるときはもし返済出来なかったときに代わりに返済してくれる人がいるか、何かを売却して返済に充てるといった保険をかけておけば安心だというのはあります。借り入れ金額が少なければキャッシング会社もそこまでのリスクを負わなくても大丈夫かもしれませんが、保証人や担保がない状態で高額な借り入れをするとなれば、貸し倒れになるリスクを考えて保証人や担保を必要とするのではないか、それが自然なのではないかと思っていることでしょう。

ただ、保証人をお願いするためには万が一返済できなかったときは代わりに返済してもいいですよと言ってくれる人を探さなければいけません。借り入れする金額にもよりますが、金額が大きくなれば代わりに返してくれるという人を探すのは難しくなるでしょう。保証人となるときは、代わりに返済する覚悟を持たなければいけないのです。そして担保を用意するとなると資産を持っておく必要があります。具体的に言えば土地や建物などの不動産ですね。ただ、これらを持っていない人も多いですから、そういう人は担保は準備できないということになってしまいます。

保証人も頼めず担保もないからキャッシングなんて出来ないと思っていませんか?そんなことはないんです。カードローンは基本的に担保・保証人不要というキャッシングです。カードローンを取り扱っているキャッシング会社によって違いますが、それぞれのキャッシング会社が可能としている限度額までなら担保と保証人を準備することなく利用できます。キャッシング会社の融資限度額が500万円までであれば、500万円の利用限度額を利用できることになっても担保と保証人は不要なのです。

カードローンはその金額にかかわらず担保と保証人が不要という特徴がありますが、だからと言って審査に通るのが容易になっているわけではありません。担保や保証人がないからこそ、審査をして信用があるかどうかをしっかり見極めているとも言えます。カードローンが担保・保証人なして成り立っているのは信用があってのことですから、信用が不足する人は利用することは出来ないのです。

【参考ページ】
保証人無しの融資の仕組み

キャッシングって何万までなら借り入れることができるのか

キャッシングを利用すると短時間で必要なお金を用意することができますが、初めて利用利用する方の場合は、まずはどれぐらいの融資が受けられるのか気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→融資額がどれくらいになるか予測するには

消費者金融の場合は、限度額が公式サイトなどで紹介されていますので、まずはチェックしておきましょう。多い場合は500万円ぐらいまで対応している業者もあり、小額の利用から、ある程度まとまった金額を必要としている人まで幅広く対応しています。

キャッシングって何万までなら借入ができるのかということとなりますが、まず、最高融資限度額が500万円までとなっている場合でも誰もがその金額を借りられるという意味ではありません。消費者金融の場合は、総量規制がありますので、年収の3分の1までの金額の借入となります。500万円まで借りる場合であれば、最低1500万円の年収がないと利用することができません。

まずは、年収をもう一度確認して、どれぐらいの金額が借り入れられるか確認しておきましょう。そして、最初から総量規制いっぱいまで借りるのではなく、はじめは限度額を少なめにしておくほうが審査も通りやすい傾向にあります。

それから年収の3分の1までの借入は1社につきではなく、複数社で借り入れた場合もその合計が年収の3分の1を超えると利用できなくなることも近いしておきましょう。大きな金額を借り入れる場合は、収入を証明する書類の提出も必要となります。

そして、銀行のカードローンの場合は、総量規制がありませんので、より多くの借入を希望している場合に向いています。銀行のカードローン場合は、消費者金融よりもさらに融資限度額が大きく用意していることも多く800万円など大きな金額を利用できる場合もあります。

そして、この場合もやはり審査がありますので、それにより借入ができる金額が決まります。その人の収入など様々な面から審査が行われ、どれぐらいまでの金額が借入れられるかが決められることとなります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY