> > > 連帯保証付きのキャッシングはありませんか?

連帯保証付きのキャッシングはありませんか?

連帯保証付きのキャッシングはありませんか?

保証人を付けないと、ローンというものは組めないと聞きました。しかしながら自分には、そんなに親しい友人というものがいません。しかしながら、最近のキャッシングは、連帯保証人が必要ないと聞きました。これなら、ローンというものが組めると思ってしまいました。

それはさておき、消費者金融のキャッシングでは、本当に連帯保証人は不要なのでしょうか?そして、もし、連帯保証人になって欲しいと言われたなら、どうしたらよいでしょうか?

まず、連帯保証人になるのは止めなさいね

保証人と言われるものには、2種類あるわ。お金を借りた人の返済がされない時に、そのお金の返済を約束した人で、これには二種類あるわ。単なる「保証人」と「連帯保証人」の二種類よ。

滅多なことじゃないけれども、消費者金融で連帯保証人が必要な事が、ままあるわ。でも、殆どの場合、消費者金融では連帯保証人が不要となっているわ。必要となる時は、事業用に多額のお金を借りようとしている時や、ちょっとヤバめな会社からお金を借りようとした時ね。

ちなみに、連帯保証人とは、自分が借りたのと同じ扱いを受けてしまう人のことを指すわ。例えば、Aさんの連帯保証人となったBさんは、Aさんが一度延滞をしたからという理由で、借金の返済を迫られる…という事があり得るのよね。たとえ、Aさんに代わりに返済した分を請求する権利があったとしても、お金を借りた所への返済が滞ってしまうわけだから、請求がかなうのかは、難しい所よね。

その他、Aさんが急死してしまい、消費者金融への債務が支払えなくなってしまった時や、Aさんが自己破産して、Aさんに返済の義務がなくなった時にも、連帯保証人であるBさんに返済する義務が生まれるわけ。だから、連帯保証人になるのは止めた方が良いと思うの。

でもって、保証人というのは、保証した相手を保証する立場だと言われているわ。だから、保証した相手の返済を肩代わりする必要はないわ。借金した本人に支払い能力がある限り、その本人への取り立てが優先されるの。

しかも、保証した相手に、お金を返すように財産を処分することを主張したりも出来るわけ。もし、保証人に取り立てが来ても、「先に(借金をした)本人から取り立てをお願いします」と支払いを一旦断る権利まであるわけ。

昔から言われる格言に、「借金の保証人だけは引き受けるな」というのがあるけれども、これこそ、守らなきゃいけない事の一つだと思うわ。「保証」という行為が、どれだけ責任を負うものなのかを、今一度認識して生活していく必要があると思うわ。

【参考ページ】
まずは低リスクな借入から検討してみよう

連帯保証付きキャッシングが条件になった場合

キャッシング機能付きのクレジットカードやカードローンを申し込んだ際、利用の条件として連帯保証人を必要とする、連帯保証付きキャッシングを進められることが多くなっているようです。(参考ページはこちら→融資に関する特殊な条件とは?

連帯保証はもともと個人の保証条件が厳しい場合に予備的に設けられている仕組みだったのですが、現在では最初から確実な利用をするために連帯保証をつける方も多くなっています。また、連帯保証をつけることで利用可能額が上昇するサービスも増えており、個人の責任で利用する以外にキャッシングを利用する方も多くなっています。

キャッシングサービスでの審査は所得と借入状況によって審査が行われます。審査では主に消費者金融を向けの貸出制限である総量規制と呼ばれる法律による制限があります。連帯保証をつけても総量規制は影響しますので連帯保証を付ければ審査が通るというものではありません。連帯保証を求められる場合は大きく分けて2つあるようです。

1つ目は借り入れが多すぎる場合です。現金以外の借り入れも含めて総量規制に抵触しそうなほど借りている場合は連帯保証を求められることも多いようです。

2つ目は借入希望額が多い場合です。収入が多い場合に借入希望額が500万円を超える方も多いのですが、希望額が大きい場合にりよう実績がない方などでは保証人を要求されることも多いようです。ただし、この場合は小額での利用など、利用実績があれば必要ない場合も多いようです。また、未成年がキャッシングを利用した場合にも所得があり、借入額が少ない場合でも連帯保証人が必要になることが多いです。(参考ページはこちら→未成年の学生がお金を借りる事はできる?

連帯保証にいつまでも頼りたくない、成人になったなど、連帯保証付きキャッシングを利用する際、後から保証人を外すことが可能になっている場合が多いです。再審査が必要になることが多いのですが、審査までの利用実績と審査時での収入、借入状況によっては単独でのキャッシングサービスに変更できるようです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY