> > > 基準通りやすい審査をしているキャッシングが知りたい!

基準通りやすい審査をしているキャッシングが知りたい!

基準通りやすい審査をしているキャッシングが知りたい!

キャッシング審査って結構基準が曖昧としていませんか?私はすごい思っているんです、いつもこの時なら通るのにこの時には通らないというように、ほとんど変わっていないのになぜか通ったり通らなかったりしているような気がします。別に全部審査に通らないといけないと入っていませんが、基準通りやすいかどうかはっきりさせてほしのです。

私が使っている消費者金融などが悪いだけかも知れませんので、基準通りやすい審査をしているキャッシングがあれば、その業者を知りたいですね。それとも全て曖昧としているものなんでしょうか。なんだか納得出来ないですね…

基準通りやすいのは全く審査がないキャッシングくらい

質問者の方が言う怒りもよくわかります、ほんとに変わっていないのに急に通らないようになる審査も合ったり、同じような形で申し込みをしているのに急にこっちは通るなんていうことはよくあります。そういうのを見ていると「基準がバラバラではっきりしないんじゃないのか!」と怒りたくなります。しかしキャッシングは基準ははっきりしているとされています。

もし基準通りやすいものがあるとしたら、それは全く審査のないヤミ金などのキャッシングだけではないかとされているのです。どうしてこのようなことが言えるのかというと、審査というのは別にどこか基準がぶれているということではないのです。この収入があれば大丈夫、他の借り入れがなければ大丈夫というように、キャッシング業者側ではちゃんとその辺りを決めているのです。

実際には利用者の側が「このくらいなら変わらないだろう」と思っているんですが、その子の位なら変わらないと思っている基準というのがぶれているのです。ほとんどの場合は、そういった基準が自分の中では大丈夫と思っていても、業者にとっては同じではなく大きな違いと認識しているのです。おそらく質問者の方が使っている消費者金融も同じようなものだと思います。

じゃあどの業者を使っても一緒か?というと、同じような結果になるでしょう。基準通りやすいものというのは審査においてブレることはないのです。ただ、その基準がより通りやすい方に置いてあるのが消費者金融で、通りにくい方に置いてあるのが銀行系カードローンと言われています。だからより通りやすい消費者金融ならまだましだといえるかもしれません。

まぁ質問者の方は消費者金融でも基準がぶれていると思ってしまうくらいですから、まずは自分自身の借入に関することから見なおしてみるのがいいでしょう。収入や職業、他社借入がどのくらいあるかなどです。

キャッシングの審査、どんな基準通りやすいの?

キャッシングは、銀行や消費者金融が経営母体である金融商品の1つです。当面の利用がない場合でも、申し込んでおけば、突然の冠婚葬祭などでお金が必要になった時にも焦らず対応することができます。また、借り入れも街中のATM等を利用すれば、銀行の口座から自分のお金を引き出すような感覚で手軽に行なうことが可能です。

キャッシングを利用するためには、まず融資を希望する金融機関の審査を受ける必要があります。当然ながら、これに通らなければ融資を受けることはできません。では基準通りやすいのは、どのようなものがあるのでしょうか

審査の基準は各金融機関ごとに異なるため、一概にいうことはできません。しかし、大前提としてあるのは「継続した安定収入を得ることができる」という点です。借り入れに審査が必要なのは、貸し倒れのリスクを下げるためです。もしも申込者全員に無条件でお金を貸してしまったら、万が一借りたまま返してくれない人がいた場合、金融機関は大きなダメージを受けることになります。金額が大きければ、最悪の場合経営が困難になってしまうことも考えられるのです。そのため融資を行う前に審査を実施し、不安のある人には融資を行わないようにしているのです

よって、重要視されるのは申込者が信用できる人物であるか、すなわち返済能力の有無です。働いていない無職の人や定職に就かず日雇いで働いている人など、安定した収入がなく返済の目処が立たない人にお金を貸しても、返してもらえる見込みは薄いです。そのため、「継続的に安定した収入を得ていること」が重要になるのです。

安定しているという点から考えると、自分の出来高によって毎月の収入が変化する個人事業主や自営業の人よりも、毎月決まった日に決まった口座へ決まった金額が振り込まれるサラリーマンの方が審査をうける上では有利となります。また、年収が非常に高いけれど勤続年数が短い人と、年収は人並みでも勤続年数が長いという人では、後者の方が安定していると判断されるため評価は高くなります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY