> > > 自己破産していてもキャッシングすることは可能なのですか?

自己破産していてもキャッシングすることは可能なのですか?

自己破産していてもキャッシングすることは可能なのですか?

過去にいろいろあって自己破産の経験があります。自己破産をしてしまうと、キャッシングなどお金を借りることは今後一切できないのですか?今特に大金が必要、というわけではないのですが、いざお金が必要になったという時にわたしはとても心配です。自己破産をした場合にキャッシングすることはできるのか、できないのか気になります。

自己破産をした人でも借りられるところがある

自己破産したのであれば、ブラックリストにも載っているでしょう。今後一切のキャッシング利用ができない、ということはなく日付が経過すればまた借りることができるようになります。借りられるようにはなるのですが、日付が経過するまでは借りられないからその期間にお金が必要になったときには自分の収入でなんとかするしかありません。

「日付が経過すれば」というところでどのくらいの日付が経過すればいいの?と気になるかもしれませんが、自己破産の場合だと目安は7年。7年経過すればブラックリストの情報も消えてまたお金を借りることができるようになります。ちなみにブラックリストに載る原因はほかにもいくつかあって、原因によって日付が変わってきます。気になるなら調べてみるとどのくらいの時が必要なのか知ることができますよ。

自己破産をしていても、日付が経過すればまたキャッシングを利用することはできますが、審査に悪影響を与えることも少なくないのです。審査に通りにくくなってお金を借りづらくなることもあります。絶対に審査に通らないというわけではないので、貸してくれるところも存在するでしょう。借りられるようになったら、今度は計画をよく立ててお金の管理をしっかり行っておくようにしましょう。

インターネットで調べてみてわかったのですが、自己破産をしている人に貸してくれるキャッシングの業者さんは結構存在しているようです。お金を借りる場合は「安定した収入」や「仕事をしている」といったことが条件になっていると思いますが、自己破産をしている人に貸してくれる所にはこのほかにも条件がある場合もあります。その条件は自己破産免責が決まっている、といったことが条件になっていたり他の所からお金を借りている場合返済が遅れていないか?といったことが条件になることがあります。

これらの条件はキャッシング業者さんのホームページ・公式サイトを見てみると載っているので調べてみるとすぐにわかります。お金を借りるなら、このような条件はよく確認して、満たしているようなら申し込みを行って審査をしてもらいましょう。

自己破産をした人がキャッシングを利用することはできないの?

キャッシングは非常に便利なものですが、利用の際には必ず収支のバランスを考える必要があります。自身の収入がどれくらいで、そのうちどれくらいを返済に充てることができるのかということを考えなくなってしまったのであれば、その人はいつか収支バランスが破綻し、返済不能に陥ってしまうことでしょう。

しかし返済不能になってしまったというような場合には、現代の日本の制度だと「債務整理」を行うことで対処が可能です。中でも裁判所に申請したうえで債務を帳消しにする「自己破産」は特に有効な債務への対処策とされています。

しかし実際には、自己破産を行うと様々な面でデメリットがあるのです。特によく言われるのが「自己破産をするとキャッシングを利用できなくなる」ということですが、これは果たして本当なのでしょうか。

結論からいえば、「自己破産をした場合にはキャッシングが使えなくなる」ということは間違いありません。これは金融事故、つまり消費者と法人が金銭貸借に関連する契約を結んだ後、消費者の一方的な都合や過失によって契約を破棄・変更したというような場合のなかでも、特に重大なものとされます。法的に認められている手段であるとはいえ、行ったことが契約違反であることには変わりはありません。そのため、こうした金融事故を起こした場合には、まず間違いなく審査を通過することはできなくなりますし、借り入れもできないということになってしまうのです。

金融事故の情報は官報に記載されて公開されるうえ、信用情報にも必ず記載がされますから、のがれることはできません。ではこれは永遠に続くことなのかと言われれば、それは違います。

金融事故の情報が信用情報に記録される期間には規定があり、それぞれの信用情報を管理する機関によって異なりますが、5~10年程度経過すれば、信用情報から金融事故の情報は抹消されます。そのため一定の年数が経過したのであれば、また借り入れはできるということになるのです。

とはいえ自己破産がもたらす信用の失墜は非常に大きなものですから、キャッシングを利用する際には金融事故を起こさないように常に注意していきましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY