> > > IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査には関係があるのか?

IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査には関係があるのか?

IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査には関係があるのか?

気になっているのだが、IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査というのは関係があるのか?何かとIT企業に勤めていると、審査などが曖昧になったりゆるくなるというのを聞いているので気になっている。
(⇒どんな仕事が融資審査で有利?

それと、どうしてIT系派遣の在籍年数と言うのは、ほんの僅かに長いだけで大きな金額のローンが出来るようになっているのだ?こちらについても、キャッシング業者などで質問しても教えてくれなかったので教えて欲しい。(参考ページはこちら→融資が利用出来るようになる条件

IT系は在籍年数で収入が全く違う場合もある

今では、IT系というだけで大半のカードローンとキャッシングで契約が出来るようになっている。また、転職などで別の仕事に挑まれる際には、IT系というだけで審査がゆるく感じるという経験を持つ人も多い。どうして、そのような仕組みになっているのかというと、やはりIT系は不況であっても収入が高い場合が多いからだ。近年では、役職が上がりやすいということでも知られるようになっている。当然だが、役職が上がると年収についても100万近く変動するケースもある。月収で換算しても10万円近く変動するのだから、ローンについて困る人も少ないだろうという見方もされていたりするのだ。

つまり、業者にしてみれば「そろそろこの人については役職が上がるかもしれない」として、在籍年数を正確に聞いてきたりするのだろう。一般的な職場では7年から10年ほどで役職などが変化したりするそうだ。それもあるので、職務系歴などにおいてIT系だけで仕事されている場合には、高額のカードローンが出来るケースも多い。今では、このようなプランのことをプレミアム会員と言っていたりするが、過去においてはIT系のサラリーマンではなく、医者などでようやく審査に通るというものだった。

ちなみに、IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査については関係もある。というのも、今ではIT系にだけ絞って営業をしているような業者も存在するからだ。一般的なサラリーマン金融では難しいだろうけど、それ以外の業者で専門としているところであれば、IT系派遣の在籍年数とキャッシング審査が関係してくるようになっている。例えば、大型ローンについても組ませて貰えたり、最初からキャッシング枠が大きいクレジットカードなどを売り込みに来たりもする。ただ、このような勧誘を断らないでいると、保険会社からも勧誘が来たりして対応するのが面倒になるので注意しておこう。

【参考ページ】
融資審査が甘くなる条件について

派遣社員は在籍年数次第でキャッシング審査が通りやすくなる

キャッシングは、一般的には正社員、すなわち安定した雇用と継続して収入が見込まれる属性の方でないと審査が通りにくいというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。しかし、現在では必ずしもそのような正社員でない方でも通ることは可能になっています。

これは、二つの原因があります。1つ目が、正社員の絶対的な数および割合が昔と比べて減少していることにあります。そのため、昔では普通の働き方であった正社員のみを対象としている会社は現在ではほとんどないのです。

そして、2つ目が、正社員以外の仕事の仕方について、世間的にマイナスイメージがなくなったことです。例えば、フリーランスで自宅にいながら高収入を得ている方もいらっしゃいますし、派遣社員のなかにも、専門的な知識や経験等を活用しながら、自分の趣味や生活とのバランスをうまくとりながら働くスタイルを好む方もいます。このような方の存在から、働き方の多様化を受け容れる考えに日本全体が変化しているのです。
(⇒フリーランスでも融資を受ける事は十分可能

上記のような状況の変化から、キャッシングの審査についても変化が生じています。特に、派遣社員は、これまでは正社員と比べてなかなか通りにくい面がありましたが、現在では上記のような事情から、単純に雇用体系だけで審査を行うのではなく、より個別的な事情や、その人の働き方を詳しく見ることが重視されるようになっています。

このような事情としては、特に大きなものとして在籍年数があげられます。派遣会社に長年在籍し、派遣先の企業で2年、3年といった期間の満期まで勤務している実績を持っている方は、安定かつ継続的な収入が見込まれると十分にいえるからです。

したがって、派遣社員でキャッシングの審査がなかなか通らないという方は、在籍年数が長い場合はそのことをアピールしてみてはいかがでしょうか。在籍年数が長くなるように仕事をしっかりと行うことが、キャッシングにもつながるといえるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY