> > > 事業主にとってキャッシングはどういう仕分けの対象になるか?

事業主にとってキャッシングはどういう仕分けの対象になるか?

事業主にとってキャッシングはどういう仕分けの対象になるか?

会社勤めを経て得た経験と知識と人脈を使っていずれ独立して自分の会社を起業しようと考えている者ですが、その際には働いて溜めた貯蓄を使うつもりです。しかしそれでも不意の事故などの突発的に対応しなければいけない場合を考えて、もしもの時の運転資金を得るためにキャッシングを利用することも考えています。そこで質問なのですが、こうした借り入れはどういった仕分けの対象になりますか?またその際に必要になりそうなものはどういったものでしょうか?

起業する事業主のキャッシング利用に知っておくべきこと

まず、一口にキャッシングと言いましてもには色んな種類があることを知っておくと後々になって余計なお金を払う必要がなくなりますからお得です。たとえば消費者金融系のキャッシングは借りやすく金額もそれなりにまとまっている反面、どうしても金利が高くなる傾向があるようですので、長期的に利用するよりは短期的な利用を心がけると良いでしょう。次に銀行のキャッシングがありますが、これは借りられる金額も諸費射金融などに比べて高額な反面、その審査が非常に厳しいといった点が挙げられます。その分金利に関しては低めに設定されている場合が多いですので、長期的に利用するにはこちらが向いているでしょう。

最後はクレジットカードを使ったキャッシングについてです。これは消費者金融にも銀行にも両方、そのための専門の窓口が設けられている場合があって、申込み自体も簡単です。その中にはネットを利用するものも多く、こうしたものは申し込みをしたその日の内にキャッシングが利用できるものもあって、緊急時の借り入れに際しては非常に便利と言えます。ただ、こうしたカードローンは申し込みがしやすく使いやすい反面、金利がやや高いのと受けられる融資の額が小さいことが特徴です

そして最後に、こうした形で得た資金がどういった仕分けの対象になるのか?と言いますと、事業主借と事業主貸という分類になるかと思います。質問者の方はまだ会社勤めのようなので実感がわかないと思いますが、こうした仕分けは多岐にわたるので、会社の規模がそれなりになると会計ソフトなどを使って処理する場合が多いようです。その際のフォーマットによって仕分けの方法と明記されるタイトルが異なってくる場合がありますので、こうしたことは一度、起業する際に必要な説部をそろえてからもう一度考えることをお勧めします

【参考ページ】
借入先による融資負担の違い

事業主がキャッシングを利用した場合の仕分け

個人事業主や企業単位でキャッシングサービスを利用できるようになってきました。その際の仕分けは利子のみ計上となります。

個人事業主が事業資金を得る方法としてはこれまで金融機関からの融資が主な方法でした。しかし、昨今の経済状況もあり、個人事業主が順調に業務を行っていけないことも少なくなく、融資の際に審査が通らないということも珍しくありません。
(⇒融資審査結果は職業によって大きく変わる?

そこで注目されているのがキャッシングサービスです。キャッシングサービスといえば、個人向けの現金の貸付サービスですが事業用にはこれまで用意されてきませんでした。事業用のキャッシングサービスは銀行からの融資に比べていくつか利点と欠点があります。

欠点については金利が高いということです。金利については利用しやすさを重視した商品でもあることで理解される事業主が多いようです。欠点を踏まえてもぜひとも利用したいという利点がいくつもあります。

最大の利点は契約が自動更新されるということです。金融機関からの融資は契約期間が終了すれば更新されることはまずなく、新たに契約を求められることが多く、審査がその都度必要なことからも面倒に感じる方が多いようです。

また、事業が悪い方向に行っている場合は立て直しに融資を受けたいものですが、取引があっても応じてもらえないことが多いのも問題と考えられています。キャッシングサービスは事業の推移はもちろん大事ですが、取引内容について問題がなければ一般のローンと同様に自動更新されるのが通例です。困ったときに助けてもらいやすいローンとして契約する方が増えています。

また、融資と違い、一部繰り上げ返済が可能となっているので余力のあるときに多めに返済し、余力が少ない時には定期払いのみにするという自由な返済方法にも注目が集まっています。事業は好調なときも不調なときもありますのでそれに合わせて適切な利用をしていけるローンサービスとしてこれからも利用者が増えると思います

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY