> > > キャッシングで行われる本人確認とはどんなのですか?

キャッシングで行われる本人確認とはどんなのですか?

キャッシングで行われる本人確認とはどんなのですか?

キャッシングの際に行われる本人確認とは一体どんなものなのでしょうか?申し込みの際に記入した会社で、本当に働いているかの確認なんでしょうが、会社にばれることは本当にないのでしょうか?
(⇒キャッシングでおなじみの本人確認とは?

貸金業法で第3者に契約の事実を知らせてはならないと決められてる

キャッシングを申し込むにあたって、一番気になるのが、「勤務先への確認電話」だという人は少なくないでしょうね。勤務先に直接電話があるという事で、「キャッシングを使おうとしていることが、職場にばれちゃうんじゃないか?」と心配してしまうのも、無理もないことだと思うわ。

「会社に電話をする」と言っても、その際には絶対会社名は名乗らないそうよ。担当者の個人名を名乗ることが殆どだそうよ。前は、架空の会社名を出したり、お客様の希望する名前を名乗ったりする事もあったそうだけども、今は、なりすましや偽名を使う事も法律で禁止されているから、その様なことも出来ないそうよ。

また、必ずしも本人が電話口に出る必要はないと言うわ。確かに、本人が窓口に赴いていたならば、その電話を取る事は不可能よね。だから、「今、ちょっと電話に出られないんですけど…」なんていう回答でも大丈夫よ。とにかく、本人がその会社に勤めている事が確認できればいいわけよね。

それから、「ナンバーディスプレイ」対策としては、普段使っている電話番号からではなく専用に支給されている普段は電源を切っている携帯電話から掛けることもあったそうよ。受付担当が不審に思ってかけなおしたとしても、その電話は繋がらないというわけね。

でも、「そこまでしてくれるとしても、やっぱり勤務先に電話されてしまうのは困る!」という人も中にはいると思うわ。そういう場合は、まずは理由を訊いて結果、「やむを得ない事情がある」と判断された場合には、代替処置をとることが出来る会社もあるそうよ。

「やむを得ない事情」とは、例えば、「普段個人宛で電話が来ることが無いから、個人指名で電話があると金融会社の審査だとばれてしまう」という場合や、勤務先の電話口で、「個人情報保護の観点から、お答えできない」という返答が来た場合ね。

そういう場合は、現在、その勤務先に在籍していることが証明できるような書類を追加で提出することを求めたりするそうよ。基本的に在籍確認は必須になるけれども、きちんと事情を説明すれば、業者側もかなり親身になって相談に乗ってくれるはずよ。

【参考ページ】
どうしても在籍確認が嫌な方へ

キャッシングの本人確認とはどのように行われるのか

キャッシングは融資の中でも特に手軽に利用できることで知られていますが、申し込みをすれば誰でも利用できるというわけではなく、申し込み後は審査が行われ、その審査をクリアできれば融資を受けることができます

まずキャッシングを利用する際には本人確認が行われます。お金を貸す側としても、必ず返済をしてもらわなくてはいけませんから、その人が信頼できる相手であるかどうかはきちんと確かめておく必要があります。最近は来店なしでも電話やインターネットからも申し込み手続きが行われ、便利となっていますが、こういった場合はなりすましの可能性もないとは言えませんので、本当にその人が申し込んだのかしっかり確認しておかなくてはいけません。
(⇒融資の申し込み方法はたくさん増えています

キャッシングの本人確認とはどのように行われるのかも知っておきたいですが、まず申し込み用紙や専用フォームに本人の情報が記入されることとなります。住所や氏名、生年月日、職場の情報、現在の借入状況など様々な情報を記入し、提出します。

そして、申し込み後は電話などで本人に連絡が入り、申し込み内容に間違いがないかが確認されます。固定電話番号の場合は本人である可能性が高いので信頼性も高まると言えます。さらに、その後は運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分を証明できる書類のコピーも提出することとなります。

運転免許証などは顔写真が付いていることもあり、信頼性も高まりますので、免許証を持っている場合はやはりこうした書類を提出しておくと良いでしょう。小額の利用の場合は、こうした書類だけで手続きができますが、まとまった金額の場合は源泉徴収票などの本人を確認できる書類も用意します。

それから、審査はまだ終わらず、在籍確認も行われます。在籍確認は記入している職場に、本当にその人が勤めているのかを確認する審査です。この場合は、業者が実際に訪れるということはなく、電話で確認が行われることが一般的です。そして、在籍確認も無事取ることができ、他の審査にもクリアできればいよいよ融資が受けられることとなります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY