> > > 規制オーバーするとキャッシングの融資を受けられないのか

規制オーバーするとキャッシングの融資を受けられないのか

規制オーバーするとキャッシングの融資を受けられないのか

僕ねぇ、カードを結構持っているんだよね。これまでのカードがどうしても利用できなくなってしまったから、新しくカードを作ろうと思っているんだけど。けれど、いくら申請をしても審査が通らなくなってしまって。年収の3分の1までしか借入れできないのは知っているんだけど、申請に収入証明なんて提出するようなことは無かったし、どうやって年収なんてバレるの?やっぱり年収の3分の1を超える融資ってしてもらえないのか。

総量規制のオーバーしているか否かのチェックなんて簡単なのよ

全く何を言っているんだか。こんだけ借入れしているんなら、少しはお金に関する法律でもかじっているのかと思いきや、全く知識が空ッポじゃないないよ。キャッシングばかりしているのなら、総量規制オーバーなんていうのは常に考えておかなきゃいけないことよ。まずは審査のことについてね。収入の3分の1を超えたかどうかって、どうしてバレるか知ってる?「信用情報」ですぐに分かってしまうことを頭に入れておいて。あなたはバレないように、複数の会社から借入れしようとしているみたいだけど。各社いずれもほぼ同じ信用情報機関に問合わせているから、どれだけ借金をしているか一目瞭然ってなわけ。(参考ページはこちら→融資審査で見られている部分

信用情報って各社が独自で持っているわけじゃないの。以前は各社独自で審査をしたり、独自の顧客情報を持っていたところもあるようだけど、この総量規制という法律ができてからは、多重債務に陥らないように消費者の借入れ状況などの情報は、2つの信用情報の機関に登録することになっているわ。延滞をした情報だって記録されるし、完済もそう。そして破産したときにだって情報が載ってしまう。しかも長い期間、記録が消えない。あまりにもマズ情報ばかりだと、この信用情報を参考に、どの会社も融資はしないわね。

総量規制は何も消費者イジメの制度ではないわ。借金を重ねると心労してしまうし、返済のために借金では利息のこともあって完済できないし。多重債務者には審査を通さないのも、ある意味親切だわね。これだけ借金を抱えてるなら、弁護士に相談するのもいいかもしれません。返済に苦労するより、借金の整理をしたほうがいいですよ。どこの金融機関もあなたが借入れすることを望んではいないということです。金融機関も採算が取れません。

あとはどうしても借入れしたい一心で、知らずにヤミ金にまで手を出さないことです。まだ借金で苦しいぐらいなら救いようがあります。しかしヤミ金の場合は、返済や取り立ても厳しいという話です。何としてでも貸した現金以上にお金をむしり取ろうとするので、兎に角キツイ。詐欺の事例も沢山報告が上がっているようですので、過去のものでもいいんです。借金苦で最悪な場合どうなってしまうのか、インターネットで検索して探してみるのもいいかもしれません。

キャッシングの融資を受けられない、そんなときは別の会社で

長年同じ家に住んでいると、屋根や外壁が傷んでくるので、リフォームをしなければなりません。それでいざ工務店のスタッフに見積もりしてもらうと、100万円ほどのお金がかかることもあるので、そんなたくさんのお金を一度に用意するのは無理だと思う方もあるでしょうね。しかし屋根や外壁が傷んだままで放っておくと、そこから雨漏りして、建物そのものの寿命を早めることがあるので危険です。今すぐお金が必要なときに便利なのはキャッシングなので、リフォーム資金を作りたいときは、お近くの消費者金融や銀行に融資を申し込むようにしましょう。

キャッシングを申し込むと、銀行や消費者金融などのローン会社はただちに審査を開始しますが、全員が合格出来るというわけではないので、中には理由がわからないまま、落とされてしまう人もいます。キャッシング審査で不合格通知が届くと、かなりがっかりした気持ちになりますが、一社で落とされたぐらいで、何もそのように大袈裟に考える必要はありません。銀行や信用金庫のような会社は特に厳しい審査を行うところが多いので、キャッシングの融資を受けられない、そんなときは別の会社で融資を受けることを検討するようにしましょう

審査が優しいローン会社といえば消費者金融なので、銀行系で落とされた方でも、驚くほど簡単に合格出来る可能性があります。消費者金融は親しみやすさが魅力なので、20代や30代の利用者が多いですし、年齢の若い方でも借りたり、返したりしやすいので、初めてキャッシングを利用する方におすすめです。

金利が高いと返済するときに苦労しそう、と思う方があれば、出来るだけ金利の低い会社を選んで申し込んでください。今はキャッシングの比較サイトもたくさんあるので、複数社のホームページを見て、金利を調べるのが面倒という方は、サイトを利用して低金利の会社を探すようにしましょう。無利息期間ありのサービスもあればなお良いので、初めて消費者金融を選ぶときは、じっくり時間をかけるようにしてください。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY