> > > キャッシングは1万円単位、今もそれは常識ですか?

キャッシングは1万円単位、今もそれは常識ですか?

キャッシングは1万円単位、今もそれは常識ですか?

確か昔の消費者金融、今ではキャッシングと言うんでしょうか、ほとんどが銀行系カードローンなんてなかったんで消費者金融ですけれども、キャッシングは1万円単位というのが当たり前だったと思います。借り入れして使う金額は小さくても1万円借りて、必要な金額だけ使って後は残しておくというような形で借入をしていたように思います。

今でもこれは常識として捉えてもいいのでしょうか。5千円だけ使いたいときにでもキャッシングは1万円単位で借りないといけない、返済の時にも1万円単位で返済していくといったような形でいいでしょうか?

今はすでに1000円単位で更に小銭まで返済できるようになった

キャッシングは1万円単位というのはたしかに昔は当たり前のように使われていましたよね。それもそのはず、ATMや無人契約機自体がそういうものに対応していなかったからなのです。また、対面での借入も今に比べるとかなりの量があったわけですが、そこでも基本的に1万円単位だったのはキャッシングように1000円札を大量に用意するのが面倒だったからではないかと考えられます。

キャッシングは1万円単位かと思って勘違いするのもわからないでもありません。昔から使っているからということもありますが、今でもそのような大きな金額でしか借りられないというところもあります。これは中小の業者などに多く、ATMによってまだ1万円しか扱っていないようなところでは1万円単位になります。これは面倒だというのであれば、避けるしか無いでしょうね。

他にも振込についても1万円単位じゃないとダメというところもあります。振込については基本的には何度も数千円で振込手数料を支払うよりも、大きく借入をして一気に返済をしてしまったほうが楽なので、この辺りはATMを使って借りるのとは違うということを考えておいたほうがいいでしょう。

1万円単位で借入をしなくていいようになったおかげで、多くの人がキャッシングをより便利に使えるようになりました。特に今まで使っていなかった人も使うようになったのは飲み会などのお金が足りない時に5千円ほど借りるということができるようになったからです。コンビニに寄ってお金を借りて、数千円だけなので余裕ができたらすぐに返済するということができるようになりました。(参考ページはこちら→今はコンビニでも普通にお金を引き出せます

もちろん借入金利は利率自体は高いですが、支払う利息はすぐに返済すれば大してかからないというのもポイントが高く、支持されている理由の一つのようです。今は昔よりもキャッシングがしやすくなっていますから使ってみることをおすすめしたいですね。

【参考ページ】
細かな単位で融資を受ける

キャッシングは1万円単位で出来るのでちょっとした買い物に便利

主婦は限られた収入の中から毎月、お金を節約しながら買い物しなければなりませんが、子供が進学したり、家族の誰かが病気や事故に遭ったりすると、予想外の出費が必要になることがあります。するとその月の生活費を大幅にオーバーしてしまうので、スーパーで肉や魚などの食品を買うのもためらってしまうことがあるかも知れませんね。しかし何も食べずに次の給料日まで我慢するわけにはいかないので、そんなときには銀行や消費者金融でキャッシングを行うようにしましょう。

キャッシングは1万円単位で出来るので、ちょっとした買い物をするときにも便利です。それにたくさんお金を借りると、その分余計に利息を払わなくてはならないので、損した気持ちになりますが、1万円や3万円ぐらいなら大した利息が付くこともありませんし、次の給料日に全額返済できるので、気が楽になります。低金利のローン会社を利用すれば、ほんの少しの利息しか付かないので、また困ったときはいつでも利用しようという気になるでしょうね。

低金利で借りられるところといえば銀行になりますが、消費者金融の中にも低金利サービスを始めているところもあるのでおすすめです。30日間無利息で借りられる会社もありますから、あともう少しで給料日というときは、このサービスを利用すると良いでしょうね。
(⇒金融業者を選ぶ時はサービスも比較しよう

消費者金融は審査速度も非常に速いので、申し込み後に長時間待たされたくない方には非常に便利です。30分ほど待つだけで合格かどうかがわかる会社もあるので、スーパーやデパートで買い物中にお金が必要になったときには助かります。合格していれば指定した口座にお金をすぐに振り込んでくれるので、お近くのATMから引き出せば、すぐに食品や生活用品の買い物に使えます。

今日中に支払わなければならない、通販やネットオークションの振込みにも使えるので、財布の中身が少なくなったら急いで、電話やインターネットで申し込み、必要なお金を手に入れるようにしてください

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY