> > > キャッシングは沢山申請してしまうと借り入れってムリなの

キャッシングは沢山申請してしまうと借り入れってムリなの

キャッシングは沢山申請してしまうと借り入れってムリなの

何かぁ~、友達でキャッシングのカードを沢山持っている人がいて、そんなに沢山カードって作れるの?って思ったんだけど。キャッシングの申請ってそんなに沢山できるもんなの?(参考ページはこちら→融資申し込みの基礎知識

カードローンは3枚までぐらいじゃないかなぁ。発行できるの

カードローンって確か3枚ぐらいが限度じゃないかと思うんだけど。きっといくつも持っているっているというのはクレジットカードも入るんじゃないかなぁ。クレジットカードは審査が緩いわけじゃないけれど、2週間以上かけて殆ど確実に郵送されますからね。クレジットカードを多く持っている人が多いかもしれません。その他にも金融機関ではカードのキャンペーンもしていたりして、口座開設なんかでカードを沢山持っていたりしませんかね。

キャッシングのカードって基本3枚が限界だと思いますよ。キャッシングを限定して3枚以上つくることは非常に難しいと思いますね。わたしの友だちもキャッシングの借入れ枠が少なくていくつも申請しようとしたわけ。でもよく考えるとキャッシングで「増額」なんてできるらしい。だから今利用している分を返済して増額案内メールが来たらそのときに、また増額を申し込むなんて考えたらしいよ。やっぱり噂を聞いても10枚以上のキャッシングなんて有り得ないみないなのよ。
(⇒借入額に不満があるなら増額をしよう

複数申請して審査に落ちたら、もしかしたら今借入れしているキャッシンングの増額も出来ない可能性があるし、「もしかして借金ですっごく苦しんでいるのかしら。」なんて審査に勘ぐられると増額してくれないかもしれないでしょ。だから、キャッシングを利用するのは全く構わないけれど、作りすぎないほうがいいですね。審査で個人の財布の中身を憶測立てられても気分のいいものでもないですし。審査で借金に困っておカネを借入れすると知られれば、審査は通らないなんて聞きます。それにキャッシングは、ショッピングや生活を楽しむために少額借入れするぐらいに留めたほうがいいですよ。

あとは30代後半になると住宅や車などの大きなローンを組むことが考えられます。実は、こういう大きな買い物ってローンを組むための審査って意外と厳しいんですよ。特にこれまでにキャッシングがあって、返済中だったり延滞があったりすると、グンとローンの借り入れ審査のハードルを上げてしまいます。最悪、キャッシング履歴で審査に良くない情報があると、ローンを組めなくなってしまう可能性があります。住宅の購入などは「年齢」も一つのポイントになるので、購入に最適な時期があると思った方が良いでしょう。サラリーで収入を得ている人は特に、キャッシングの利用には人生設計のことも考えてカードを作った方が良さそうです。

キャッシングムリな人の特徴とその対策について

キャッシングムリな人はどのような人なのか調べてみました。結論から入れば主に2つのパターンの方です。パターンを知れば審査を通す方法も見えてきます。

1つ目は借り入れがとても多い方です。キャッシングについては総量規制と呼ばれる現金の貸出制限を知っておくとよいです。総量規制では所得の3分の1を超える現金は借りられません。所得は自己申告ですが、借り入れ額、返済状況などは消費者金融、金融機関で本人の同意を持ってリアルタイムに把握しています。

そんため、他社で規制いっぱいまで借りた場合は、利用可能額に余裕があったとしても、キャッシングが自動的に利用できなくなることが多いです。返済が進めばまた利用できるようになるのですが、キャッシングは借り入れ、返済の状況をいつでも見られていると考えておくと良いです。借り入れが多い場合は出来る限り返済をしてから申し込むことがとても大事です。

2つ目に審査で通りづらい人は借り入れ件数が多い方です。借入件数は総量規制の対象ではないので何件借りても問題にならないと考えがちですが、借入件数は月々の返済にとても強い影響がありますので各消費者金融や金融機関では借入件数も厳しいチェックをしています。特に小額ローンと呼ばれる数万円の利用については総量規制を踏まえた利用可能額にはかなり余裕があるのにキャッシング審査で落ちている方がよくハマるポイントのようです。

もし、小額ローンを含めてローン件数が多い場合はおまとめローンの利用をおすすめします。おまとめローンは複数のローンを一つにまとめるローンで残高は減りませんが、長期で返済することになるので月々の支払が減り、生活に余裕が生まれると考えられています。また、余裕が出た生活の中で貯金をして早期に繰り上げ返済をする方もともて多く、話題のローンです。キャッシング審査を通すためにローンをまとめるのはまた違う問題が出そうですが、生活を立て直しながら新規のローンを組む方法として注目されています。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY